Now Reading
キャベツダイエットで8kg痩せた私とその後【絶対痩せる】

キャベツダイエットで8kg痩せた私とその後【絶対痩せる】

いまでこそ、無理したくない、楽して痩せたい主義のayakaですが
数年前には、ストイックなダイエットにチャレンジしたこともありました。

社会人になって生活習慣が変わり、ちょっとずつ太ってきたことも見て見ぬ振りをしていたら
気づいたら大台…60kg台になってしまいました。雑誌に出てくるモデルたちの身長と体重を見比べては落ち込む日々が続き、会う人会う人に「ちょっとふっくらした?」と言われ、ついにダイエットを決意しました。

その時私が選んだのはキャベツダイエット。
結果として3ヶ月で8kg痩せることができました。

どうやって痩せたか、体に悪影響はなかったのか、その後リバウンドしなかったのかなど
気になる点についてお伝えしていきます☆

1. キャベツを噛むことで食べる量が減り、必要な栄養も補給できる
2. キャベツは味の変化がつけやすいから続けられる
3. ストイックに食べ続けたことで、味覚に変化が出てきた
4.キャベツダイエットを止めてからも、「野菜を先」は無意識のうちに続けられる
5. これからチャレンジしたいダイエット


1. キャベツを噛むことで食べる量が減り、必要な栄養も補給できる

なぜキャベツダイエットをすると痩せることができるのでしょう。

そもそもキャベツダイエットとは、食事の前に生またはゆでたキャベツ(千切りでもちぎったものでもよい)を山盛り食べる、というダイエットです。

キャベツダイエットで痩せる理由の1つ目は何といっても食欲を抑えられること。噛むことによって、人間は満腹を感じることができるようになります。(よく噛んで食べなさいよ、と言われますよね)

キャベツは繊維が多くてたくさん噛むことになるので、脳に「満腹だよ」と錯覚させることができるようになるのです。

キャベツは100gで20kcalほど。100gといえば生の千切りだとお皿から溢れそうなくらいの量だと考えると、かなりカロリーが低いことがわかりますよね。

カロリーの低いものでお腹を満たす、という意味では茹でたブロッコリーもおすすめですが、これはまた別の記事で。

さらにキャベツはビタミンCをはじめとする必要な栄養素もたくさん含まれています。いくらカロリーを減らしても、栄養まで減らしてしまっては、肌や髪の潤いが失われて綺麗になれなかったり、体が「栄養をたくさん吸収するモード」になってせっかく減らしたカロリーの中からも栄養を吸い取ろうと、吸収が良くなってしまいます。


栄養を補給しながら、カロリーの高い食事を減らすことで綺麗に痩せる、というのがキャベツダイエットです。

2. キャベツは味の変化がつけやすいから続けられる

キャベツ自体はそんなに味がないので、つける調味料によって印象を変えることができ、それで飽きずに食べ続けられるという利点があります。

実際わたしもいろんな調味料を試しましたが、ごまドレッシングや味噌をつけるのは味がしっかりしていて食べやすかったです。(名古屋出身なので、「つけてみそかけてみそ」という味噌ダレを買っており、それがとってもキャベツに合うのです)

ディップするだけだとだんだん飽きてくるので、塩昆布と和えたり(居酒屋のお通しみたいですが、ビールはぐっと我慢。ハイボールにしておきましょう)、コンソメスープで茹でたりと工夫を加えました。

つけるものはカロリーが高いとだめ!とか、茹でると栄養素が逃げ出すからだめ!とかいう意見もありますが、個人的には生のキャベツに塩かノンオイルドレッシングだけ、なんて続かないだけなのでそれほどストイックになる必要はないと思います。

かけるものも健康にしたければ、新鮮なオリーブオイルがオススメです。ちょっと奮発して良さそうなオリーブオイルと、ちょっとおしゃれそうな岩塩やバジルソルトを買ってかけると、すっごく香りが立って美味しいです。


まあ、ごまドレッシングの濃厚さには負けますけれど……

3. ストイックに食べ続けたことで、味覚に変化が出てきた

キャベツダイエットを始めてからは、
朝食は普通
昼食はキャベツとおかず半分くらい
夕食はキャベツとおかず半分くらい
という生活を続けました。

ごはんなど炭水化物をキャベツに置き換えて、おかずも気持ちヘルシーめにする感覚です。
おなかがすいたときも、おやつにはキャベツを電子レンジでチンして、何かたれをつけたものを食べていました。

この生活を2週間くらい続けた頃から、だんだん味覚が繊細になってきました。
これまで何の気なしに食べていたサラダや煮物など、ちょっとした料理の味に対して敏感になるのです。

濃くてカロリーが高いものばかり食べていた頃はだんだん舌が麻痺していたのだろうと思います。キャベツダイエットで、さっぱりしたものをたくさん食べることで、味覚が復活してきたと思って、嬉しく感じました。

体重にも少しずつ変化が出ました。最初1週間は、それまでの生活とがらりと食べ物が変わるので、しっかり体重が落ちます。そのあとはいったん横ばいの時期が続くと思ってください。


体重は後からついてくるので、ぐっと我慢して継続。私は3ヶ月で8kg痩せることができました。

4. キャベツダイエットを止めてからも、「野菜を先」は無意識のうちに続けられる

しっかり痩せた!と聞くとリバウンドが気になりますよね。
結果として私は3kg以内の変動でいままで持ちこたえています。

確かに体重はちょっと遅れて変化するので、「痩せた!」と思って調子にのって食べすぎ、2週間後くらいに後悔する……ということはありました。

でもキャベツを先に食べる習慣がついていたので、いきなり一口目でごはんや揚げ物を食べることにすごく抵抗を覚えるようになりました。先にサラダ、スープが意識せずできるようになったのはリバウンド防止にも繋がっていると思います。

それから、以前は超満腹になることで幸せな気持ちになっていましたが、胃が「キャベツとおかず」というようなあっさりした食事に慣れたことで、油物や炭水化物で満腹になると、気持ち悪さを感じるようにもなりました。

他の単品ダイエットに比べて始めやすいし、例えば昼ごはんはどうしても会社の人たちと食べなきゃという場合は、朝と夜をキャベツにすればいいわけですし、調整もしやすいです。頑張れる人は、タッパーにキャベツを詰めて仕事に持っていくのも手です(私はそうしていました)

美味しいものを食べるのは好きだけど、痩せたい方。キャベツダイエットにトライしてみるのはいかがでしょうか。

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Scroll To Top