Now Reading
コンビニご飯で綺麗な身体を作る!〜セブンイレブン編〜

コンビニご飯で綺麗な身体を作る!〜セブンイレブン編〜

なるべく加工されていない食材から手作りごはんをつくるのが一番。
でも、毎日毎日そんなこと続けられないですよね。

健康やダイエットについてあれこれ気にしている私も、時には「もう力尽きた…ご飯はコンビニで買おう…」と思うことがあります。

でも、最近のコンビニってすごいんです。選び方次第では、下手に外食するより美味しくて、体にもいい食事を摂ることができます。
今回は、ayakaがよく行くセブンイレブンで、「疲れたからコンビニにしよう、でもダイエットも諦めたくない」という時に選ぶべき、おすすめの食べ物をご紹介します。

“綺麗な身体を作る”コンビニご飯選びのルール

1. 添加物が少ないこと

添加物をとると肝臓に負担がかかります。肝臓は脂肪を分解するところでもあるので、負担をかけると脂肪の分解が後回しになってしまいます。だから添加物はなるべく取らない方がダイエット向き!

2. 食材そのものの形が残っていること

加工されればされるほど、食材の栄養素はどんどん逃げ出して、反対に鮮度の悪い油など身体に悪い物質が加わってきます。なるべく食材そのままがダイエット向き!

3. 美味しくて、満足感があること

食べることの満足感、楽しみもダイエットの継続には大事です。糖質オフの商品だと満足感が得られず、逆に食べる量が増えてしまうなんて研究もあるくらい。美味しくて満足できるのがダイエット向き!

この3つのルールをクリアした、”綺麗な身体を作る”コンビニご飯をご紹介します!


①たけのこ土佐煮(税込138円 37kcal)

セブンイレブンに入ると、冷蔵庫でパックのお惣菜が並べられているところありますよね。切り干し大根とか、かぼちゃサラダとか、人気のサラダチキンとか。
例えばサラダ系だとマヨネーズが入っていたり、お肉系だと保存料など添加物が多かったりして避けていたのですが、その中で見つけた掘り出し物がたけのこの土佐煮!


[出典:https://7premium.jp/product/search/detail?id=830]

何より驚きなのが、まずカロリー。1袋で37kcalしかないんです。
しかも裏面を見るとまた驚きなのが、添加物がほとんど使われていないこと。家で使う醤油やかつお節などの調味料だけで味がつけられています。

セブンイレブンの中でも、こんなに天然素材だけで作られたお惣菜は珍しいです。おすすめ!

②そのまま食べられるぶどう(税込200円 120kcal)

冷凍食品、と聞くとあまり健康に良さそうなイメージがわかないかもしれませんね。でも実際には冷凍食品は、冷凍する分保存料が少なくてよく、さらにもともともっている栄養素を閉じ込められる、魅力的な食品でもあるのです。

選ぶときのコツはなるべく手が加えられていないこと、原型をとどめているもの。中でも私がおすすめなのは、ぶどうです。

[出典:http://www.sej.co.jp/i/item/300303410307.html?category=1084&page=1]

1袋まるまる食べても120kcalでありながら、ちょっと全部平らげるのは苦しいくらい中身が入っています。
なによりとっても美味しい!

同じシリーズでマンゴーやブルーベリーなどもあり、自分の好みで選ぶのが良いですが、一番ボリュームがあるのはぶどうです!

③さばの塩焼き(税込280円 321kcal)

コンビニの焼き魚…全然期待していなかったのですが笑、試しに買ってみたら美味しくてびっくりしました。下手な定食屋さんで頼むよりも、安くて美味しいです。

[出典:http://www.sej.co.jp/i/item/300108100062.html?category=165&page=1]

ダイエット視点でみても、塩の力なのかあまり添加物は含まれていません。また油をうまく切れるようなトレーになっているので、余分な油を摂取してしまうこともありません(だから実際に食べているのは、袋に書いてあるカロリーよりも少ないかも)

お刺身と聞くとヘルシーなイメージがありますが、実際には焼いて油を落とした方がカロリーは低くなるんですよね。だから塩焼きで、さらに油を下に落としたこの食べ方は、ずっとダイエット向きと言えるでしょう。

④3種チーズのトマトオーブン焼き(税込360円 214kcal)

これも案外美味しいシリーズの1つです。味が本格的であり、チーズも入っているので満足感があります。


[出典:http://www.sej.co.jp/i/item/190000100119.html?category=1&page=1]

ダイエット視点でいうと、まずズッキーニなど、普段食べるお弁当ではあまりとることのできない食材を食べられます。栄養素は数え切れないほどあって、たくさんの種類の食材をとることで、少しずつ補うことができるものなので、普段食べない食材を食べるというのはとってもいいことです。

こういったトマトソース系は、マカロニなどが入れられていることも多いですが、純粋に野菜とチーズだけなのもダイエッターには嬉しいところ。

私はこれ1皿で夕食にすることもあるくらい、満足感が高いですが、それでいて214kcalという低カロリーなのも安心ポイントです。


手頃な値段で美味しく栄養をとりながら、綺麗な身体を目指しましょう!

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Scroll To Top